読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・お薬だけではつまらない

病院薬剤師として順風満帆に歩みだした社会人生活・・・・だが、何を思ったか茨の道へ~そこから再び薬剤師として地味に働きながら、日々を語る??ブログです。しばらくは婚活ブログかしてましたな。

よかった、ちゃんと調べてみて ~不妊専門病院にいってみた~

 前回、精液検査にて思わしくない結果が出たため、専門病院に診てもらうことになりました。妻の通っていた産婦人科では、どこもそう変わりないからと特定の病院は指定されなかったため、病院選びから始めました。

 調べてみると、街中に4件ぐらいあるとのこと。でも、すごく仰々しいところや、成功報酬とるようなところもあって、どうやって選んだらいいのやら・・・・・

 結局、大きすぎないところで、男性不妊専門外来があるところにしました。

 

 初回ですが、紹介状もあり、精液検査不良からスタートなので、再度精液検査をしてもらうことに。この病院、自費にはなるものの、精液検査に機械を入れているとのことであり、再検査でリベンジを!とひそかに結果がよくなることを期待していました。

 以降、少し生々しい表現がありますが、お許しください。

 当日。精液採取を自宅で一人行いました。前回とは違って、しっかりした大きな容器でとりやすかったです。

 ただ、取ってみて、「あれ?こんなにさらさら薄かったかな?」と思うぐらい、さらさらした性状でした。(まじまじとみることそんなにありませんけど、なんとなく) 前回が前回だっただけに、不安な気持ちに。。。。。

 妻との待ち合わせ場所にいくまでに、ネットで調べても、大丈夫ともそうでないとも記載あり、不安は解消されず・・・・

 いざ、病院へ。

 予約制でしたが、さすがに少し待ちました。診察に入ると、一枚の用紙とモニターに映る画像。結果はどうなんだったんだろう?

 

 大雑把にいうと、「そんなに悪くない」とのことでした。

 液量はむしろ多め、濃度は自然妊娠に必要な数を満たしてはないけれど、一桁少ないなんてことはない。WHOの基準は満たしているとのことで、乏精子症ではないとのこと。ただ、運動率が30%ぐらいとやや悪いとのことで、これは満たしていないようです。

本人ともどものんびりだったりさぼってたりするようです(苦笑)

にしても、前の結果はなんだったんだろう?ちゃんとした画像もみせてもらえなかっただけに、ちょっと不信感。機械で細かいデータまでだしてもらえたし、ちゃんと見てもらえてよかった。テンガルーペの結果も外れてなさそう。

ほっと一安心。次に妻の診察のため、いったん退室。

その後、ふたたび、二人で診察室にて今後の話を。

 

結果、年齢のこと、精液検査の結果も踏まえて、人工授精を薦められました。

詳しい説明は看護師さんから説明してもらいました。

 

妻と話し合い、今までもタイミング法してみたし、金銭的、身体的負担はかかるけど、人工授精にしてみようかということになりました。

精液検査の結果からなら、選別すれば、必要な数は確保できそうだし、理論的にはいけそうかな~ってちょっと楽観。でも、嫁さんの方の通院、検査、処置の負担は大変だと思う。

 

ステップアップして、頑張ってみます。